IGRいわて銀河鉄道

文字の大きさ

きっぷの払戻しについて

●普通乗車券
普通乗車券は有効期間内で使用開始前に限り、手数料220円を差し引いて払戻しをいたします。

使用開始後の乗車券は、有効期間内でお乗りにならない区間の営業キロが1券片100キロを
超える場合に限り、払戻しいたします。
この場合の払戻し額は、発売額からにお乗りになった区間の普通運賃と手数料220円を
差し引いた残額です。


●回数券

不要となった回数券の未使用の券片は、有効期間内に限って払戻しいたします。
この場合の払戻し額は、発売額から既にお使いになった枚数分の普通運賃と手数料220円を
差し引いた残額です。
ただし、払戻し額がない場合もあります。

払戻し額=回数乗車券-(使用済枚数×普通運賃)-手数料220円

例)盛岡⇔滝沢間の回数券を6枚使用後(残数5枚)に払戻す場合
発売額 3,700円 - (6×370円)-手数料220円=払戻し額1,260円


●定期券

<払戻しの計算方法>
不要となった定期券は、有効期間が1ヶ月以上残っている場合に限って払戻しいたします。
この場合の払戻し額は、発売額から既にお使いになった月数分(1ヶ月に満たない日のは数は1ヶ月とします)の
定期運賃と手数料220円を差し引いた残額です。
ただし、払戻し額がない場合もあります。

払戻し額=定期券発売額-使用済月数分の定期運賃-手数料220円

例)4月1日から9月30日まで有効の6ヶ月定期券を8月20日に払いもどす場合
払戻し額=6ヶ月定期運賃-(3ヶ月定期運賃+1ヶ月定期運賃×2)-手数料220円

<発売後7日以内の払戻し>
上記にかかわらず、やむを得ない理由により定期券が不要となった場合は、有効期間の開始後7日以内に限り、
発売額から既に経過した日数分の往復普通運賃と手数料220円を差し引いた残額を払戻すことがあります。

払戻し額=定期券発売額-(経過した日数×往復普通運賃)-手数料220円

<定期券の区間を変更する場合の取扱い>
定期券の区間を変更する場合は新しい区間の定期券をお求めいただき、古い区間の定期券は払戻しをいたします。
この場合の払戻し額は、発売額から既にお使いになった旬数(10日を1旬とし、1旬に満たない日のは数は1旬とします)に
定期運賃の日割額を10倍した額を乗じた額と手数料220円を差し引いた残額です。

払戻し額=定期券発売額-(使用した旬数×定期運賃の日割額×1)-手数料220円

 

※クレジットカードで購入した定期券、回数券の取扱いについてはこちらのページをご覧ください。

※通学学年定期券Campassや企画乗車券は、払戻しのルールが異なります。
  詳しくは旅客営業制度または企画きっぷのページをご覧ください。