IGRいわて銀河鉄道

文字の大きさ

第1章 総則

(適用範囲)
第1条
1 この規則は、旅客が、当社線相互間を乗車する場合に適用する。
2 この規則の定めにないものは、旅客営業に関する一般の規定による。

(用語の意義)
第2条
この規則における用語の意義は、次の各号に掲げるとおりとする。
(1)「身体障害者」とは、身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項に規定する身体障害者手帳の交付を受けている者をいう。
(2)「知的障害者」とは、療育手帳制度について(昭和48年9月厚生省発児第156号厚生事務次官通知)に規定する療育手帳の交付を受けている者をいう。
(3)「被救護者」とは、第21条に規定する救護施設に救護又は保護されている者をいう。
(4)「精神障害者」とは、精神保健及び精神障害福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項の規定により、精神障害者保健福祉手帳(以下「障害者手帳」という。)の交付を受けている者をいう。

(特殊割引乗車券の種類)
第3条
運賃を割引して発売する乗車券の種類は、次の各号のとおりとする。
(1)身体障害者割引乗車券
(2)知的障害者割引乗車券
(3)被救護者割引乗車券
(4)精神障害者割引乗車券

(取扱い区間)
第4条
発売する特殊割引乗車券の取扱区間は、当社線区内の各駅相互間とし、乗車キロによる制限はしない。