IGRいわて銀河鉄道

文字の大きさ

第2編 旅客営業 第8章 入場券

(入場券の発売)
第105条
大人又は小児が、乗車以外の目的で入場しようとする場合は、入場券を購入し、これを所持しなければならない。この場合、入場者の大人と小児の区分は第37条の規定を準用する。
入場券は、駅において、係員又は自動券売機により発売する。

(入場券の料金)
第106条
入場券の料金は、1枚について大人140円、小児70円とする。

(入場券の効力)
第107条
入場券は、発売駅で発売当日中に1人1回に限って、使用することができる。

(入場券が無効となる場合)
第108条
入場券は、次の各号の1に該当する場合は、無効として回収する。
(1)券面表示事項が不明となったものを使用したとき。
(2)券面表示事項を改変、偽造等して使用したとき。
(3)発売駅以外の駅で使用したとき。
(4)大人が小児用の入場券を使用したとき。
(5)入場券を不正行為の手段として使用したとき。

(入場券の様式)
第109条
入場券の様式は、別表第15号のとおりとする。

(入場券の改札及び引渡し)
第110条
旅客は、入出場の際は入場券を所持し、係員による改札を受け、定められた場所から入出場しなければならない。
旅客は、入場券の使用を終えたとき又はその効力を失った場合は係員に引渡すものとする。

(無札入場者の取扱い)
第111条
入場券を所持しないで入場した場合又は第108条の規定により無効として回収した場合は、当該入場者から第106条の規定による入場料金を収受する。

(入場料金の払戻し)
第112条
第7条の規定により入場券の使用を制限した場合は入場料金の払戻しをする。