IGRいわて銀河鉄道

文字の大きさ

第1編 総則

(目的)
第1条
この規則は、IGRいわて銀河鉄道株式会社(以下「当社」という。)の旅客の運送及びこれに附帯する入場券の発売等の事業(以下「旅客の運送等」という。)について、合理的な取扱方を定め、利用者の利便と事業の能率的な遂行を図ることを目的とする。

(用語の意義)
第2条
この規則における用語の意義は、次のとおりとする。
(1)「当社線」とは、当社の経営する鉄道をいう。
(2)「乗車券類」とは、乗車券、特急券及び急行券をいう。
(3)「社員無配置駅」とは、乗車券類の発売及び改集札の取扱いをしない駅(無人駅及び営業時間を終了した駅を含む。)をいう。
(4)「旅行開始」とは、旅客が旅行を開始する駅において、乗車券類の改札を受けて入場したときをいう。ただし、社員無配置駅から乗車する場合及びワンマン列車については、その列車に乗車することをいう。
(5)「使用開始」とは、定期乗車券については有効期間の開始日に入ったもの、また、回数乗車券については最初の1券片で旅行開始したものをいう。

(適用範囲)
第3条
当社線に係る旅客の運送等については、別に定める場合を除いて、この規則を適用する。

(消費税等課税の運賃・料金)
第4条
この規則に規定する運賃・料金については、消費税法(昭和63年法律第108号)の定めによる消費税相当額及び地方税法(昭和25年法律第226号)の定めによる地方消費税相当額を含んだ額とする。

(運賃・料金前払いの原則)
第5条
旅客の運送等の契約の申込みを行おうとする場合、旅客は、現金をもって、所定の運賃・料金を支払うものとする。ただし、社員無配置駅からの乗車及びワンマン列車にあっては乗車後の精算とする
前項において当社が特に認めたときは、現金及び口座振込みの後払い扱いができる。

(契約成立時期)
第6条
旅客の運送等の契約は、別に申し出があった場合を除き、旅客が所定の運賃・料金を支払い、その契約に関する証票の交付を受けた時に成立する。

(旅客の運送等の制限又は停止)
第7条
旅客の運送等の円滑な遂行を確保するため、次の各号に掲げる制限又は停止をすることがある。
(1)乗車券類及び入場券の発売制限又は停止
(2)乗車区間、乗車方法、入場方法及び乗車する列車の制限
(3)手回り品の長さ、容積、重量、個数、品目、持込区間、持込列車の制限
前項の制限又は停止をする場合は、その旨を関係駅に掲示等を行う。

(運行不能の場合の取扱方)
第8条
列車の運行が不能となった場合は、その不通区間内の駅着(以下「不通区間内着」という。)及び、通過する旅客の取扱いをしない。ただし、旅客が次の各号に掲げる条件を承諾するときは、その不通区間内着又は通過となる乗車券を発売することがある。
(1)不通区間については任意に旅行する。
(2)不通区間に対する運賃の払戻しの請求をしない。
列車の運行が不能となった場合でも、当社において代替の輸送措置をして、その旨を関係駅に掲示等をしたときは、その不通区間は開通したものとして取扱う。

(営業キロ)
第9条
運賃・料金の計算その他旅客の運送等の条件をキロ程をもって定める場合は、別表第1号による営業キロとする。

(営業キロのは数の計算方)
第10条
運賃・料金を計算する場合の1キロメートル未満のは数は1キロメートルに切上げる。

(期間の計算方)
第11条
期間の計算をする場合は、その初日は時間の長短にかかわらず、1日として計算する。

(乗車券類に対する証明)
第12条
当社において、旅客の運送等の契約に関する証票に証明する場合は、当該証票にその証明事項を記入し、相当の証印を押すものとする。

(旅客等の提示又は提出する書類)
第13条
旅客の運送等の契約に関して、旅客が当社に提示又は提出する書類は、インキ又はボールぺンをもって記載し、必要に応じ証印を押すものとする。また、記載事項の一部を訂正した場合は、訂正個所に証印を押すものとする。